6月24日(日)、中野ウナカメラ・リーベラのウナカル祭でリーディングします

ひさしぶりにこのHPを開いたら、告知が2月で止まっていて、ビックリしました。。。アップしたはずの3月と4月のスケジュールが、まんまと下書きに入っておりました。。。そんなこともある。。。

あさって6月24日(日)、久しぶりに中野ウナ・カメラ・リーベラのウナカル祭にリーディングで出店します。「はちねこや」さんとのコラボ・おみくじクッキーの販売も。夜にはとんちピクルスさんとオオタユキさんのライブもあります。お天気は微妙な予報ですが、ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

先月、沖縄に行ってきました。ひさしぶりに海で遊んで、その「楽しさ」や「あっという間に時間がすぎる」「夢中になる」という感じを味わって、『あぁ、いつもこんな気持ちで過ごせたらいいのにな』と思いました。

帰ってきて、「海・リラックス」で検索してみたら、

・繰り返し押し寄せる波が起こす衝撃により空気や海水の分子構造が変化し、空気中に荷電イオンが放出されます。波の音を聞くだけでリラックスできるのはマイナスイオンがたくさん出ているから

・マイナスイオンで満たされた環境、海や雪山、滝の近くなどでは「快楽ホルモン」といわれる”エンドルフィン””セロトニン”が分泌され血行を促進し、体内の酸素が増えて良い気分になる。その他、瞑想、睡眠、赤ちゃんやペットとのふれあい、長時間の散歩などが心身の健康に効果的。また大笑いにも脳内麻薬に似た化学物質が放出され良い気分になる

・ただ水辺にいるだけでドーパミンなど脳内の快感に関連する物質の量が増え、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルが下がる。

・海辺に行ったり、サーフィンをしたりして過ごす時間が退役軍人のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状緩和に役立ったという研究結果もある

・水中や水辺に誰かといることで、信頼関係を深めることにも関係するホルモンである、“オキシトシン”の分泌が脳から促される

などが出てきて、リラックスできる理由がちゃんとあるのだなぁと思いました。

人間はちゃんと自分が心地よく・快く生きていける生体システムを持っているのだから、それを上手に使って、そういう意味で「物質的に」平穏でいられるように、自分の周りの環境を整えていくことも大事なのかな、と思います。それもまた「自分(という物体)を大事にする・自分を愛する」ということの一つなのかも知れません。

梅雨時期、湿気やカビが身体だけでなく、心の調子にも作用したりするようです。住まいの健康にも気を配りつつ、どうぞ皆様、ご自愛ください。

広告

2018年4月28日(土)、くらしのアトリエひらやでリーディングやります

2月から月一でお邪魔しているくらしのアトリエひらやさん。
4月もリーディングをさせていただきます。

maris stellaのリーディング@くらしのアトリエひらや

http://www.hirayaweb.com/10581/

4月28日(土)13時~19時

おためしリーディング→15分1300円
通常リーディング→30分5000円

ご予約、お問い合わせは こちら にて

*ご予約優先となります。
くらしのアトリエひらやで3回目の開催です。
無料の「花みくじ」をご用意しています。
どうぞお気軽にお引きください🌸

A8CFE3D3-8649-428C-94C3-18D18F6E9A08

それ以外の時は、
平日19時〜21時、土日祝11時〜19時の間でご相談を受け付けています。
※メール、電話相談はこの限りではありません

どうぞお気軽にお問い合わせください。

maris stellaのリーディング、2018年2月24日(土)中野”くらしのアトリエひらや”にて

こんばんは。

1月31日の皆既月食はご覧になられましたか?

私はたまたま月の方角の夜空が見渡せるカラオケルームに居て、終始観賞することができました。欠けていく月、赤く光る月、揺らぐ地球の影。。。『あぁ、宇宙に生きているんだなぁ』と、感動しました。

宇宙から見れば、小さな地球。粒のような私たち。争うことなく、傷つけあうことなく、笑顔で幸せに生きていければいいのに。。。と、心から思います。

さて、2月は、中野と高円寺の間にある「くらしのアトリエひらや」さんにて、初めてリーディングをさせていただきます。

「ひらや」さんのカフェ『路地裏じっけんしつ もぐもぐcafe』の営業の時にお邪魔し、おためしリーディング(15分1300円)と通常リーディング(30分5000円)をやります。それに合わせ、ようやくチラシを作りました😓

『路地裏じっけんしつ もぐもぐcafe』さんは、東日本大震災の前後に中野ウナ・カメラ・リーベラでカフェを営業していらっしゃいました。震災を機に「自分の”場所”を持ちたい」と思われたそうで、その後、開かれたのが「くらしのアトリエひらや」です。

オープンされたことはもちろん知っていたのですが、なんとなく時機を逸して早5年・・・今年のお正月に、ようやく「ひらや」を訪れることができ、そして、トントンとリーディングをさせていただけることになりました。

『『路地裏じっけんしつ もぐもぐcafe』のごはんもとってもおいしいし、中央線の線路沿いを少し入ったところに現れる小さな平屋は、時間が止まったような、とても落ち着く空間です。

はじめましての方にも、おひさしぶりですの方にも、いつもありがとうございますの方にも、ぜひこの機会にお会いできたらうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

maris stellaのリーディング@くらしのアトリエひらや

http://www.hirayaweb.com/10581/

2月24日(土)13時~19時

ご予約、お問い合わせはこちら  まで

2018年1月後半〜2月前半のスケジュール

大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

毎年、年末年始は体調がイマイチなのですが、今年は1月2日のスーパームーンのせいか、例年以上にグッタリでした。満月時期が苦手な方にはしんどい日々だったかと思いますが、そろそろ落ち着いてきたでしょうか。風邪もはやっているようです。どうぞ日々ご自愛ください。

年始には地震もありましたね。ひさしぶりの震度4に、少し東日本大震災の時の揺れを思い出し、いまある日々がずっと続くわけではないこと、一瞬にして失うこともあるのだということを改めて思い出しました。いつ何があっても後悔しない日々を過ごすこと、明日への希望を持ちながら、一日一日をきちんと完結させていくこと……そんなことを想いました。

昨年は不惑の40を迎えたこともあり、個人的には人生振り返りの一年でした。今年はそれ踏まえて「さて、どう生きるか」ということにじっくりと向き合っていく一年になりそうです。いままでは「正義」や「平等」、「平和」や「自由」を追い求めてきましたが、これからはそれらを土台に「自分にとっての真善美」ということに向かっていこうと思います。

多様化・細分化していく世界の中で、対立ではなく対話を、排除ではなく連帯を、分断ではなく調和を促していくためには、まずは自分が自分であること、「不可侵な自分」、ここだけは譲れない、というところを日々見極めていく必要があるのかなと思います。

「隣人を自分のように愛しなさい」(新約聖書 マタイ19:19他)

人を愛するために、まずは自分を愛すること。自分が自分であることを健全な心で受け止められる時に、人は人に手を差し伸べることができるのかもしれません。

私も、みなさまに手を差し伸べられる/みなさまに安心して手を伸ばしていただける自分で在れるよう、自分を大切にしながら過ごしていこうと思います。

私に何かお役に立てそうなことがありましたら、ぜひお声をお掛けください。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

平日は夜19時から21時、JR中央線四ツ谷〜三鷹のどこかで。

土日は昼13時から19時まで、ご相談に応じてお受けします。

メールやFBメッセンジャーなどでのご相談は随時受け付ております。

問い合わせフォームよりご連絡ください。

2017年12月下旬と2018年1月上旬のスケジュール

2107年もあと10日と少しを残すばかりとなりました。今日は今年最後の新月です。

今年は急遽4月から平日昼間に働きに出ることになり、平日夜と土日にリーディングをするという時間立てとなりました。受けづらくなったという方には申し訳ないばかりですが、しばらくこのサイクルが続きそうです。どうぞよろしくお願いいたします。

今年はメールやFBメッセンジャーでのリーディングの機会が増え、それはそれで落ち着いてやりとりできるので、おススメです。気持ちを文字にすることは、自分の心の整理にもなると思います。

今年、しばらくぶりに勤めに出て、『私はやっぱり自由業が好きだなぁ』としみじみと思っています。自分の想像を越えた出会いや出来事に遭遇することこそ、私の人生の楽しみだ……とつくづく思いました。

しばらくは勤め仕事も続けなければ生きていけませんが、数年のうちには、リーディングで生活できるようになりたいです。

お客様の広がりは、何より受けてくださった方の口コミが一番です。今まで受けてくださって、誰かに私を紹介してもいいかな……と思われた時には、ぜひよろしくお願いいたします。

そして私は今年、不惑の年を迎え、『神様を信じて生きる』ということに、迷いがなくなった年だったと思います。

良い時も悪い時も神様を信じて、神様に身を委ねて生きる。

それこそ、私にとっての「自由業」なのだと思います。

残り少ないですが、今年中に「来年に向けて受けてみたい」という方、ぜひお待ちしております。

どうぞよろしくお願いします。